【公務員試験】市役所の教養試験・専門試験について -平成30年度からの新タイプも解説-

f:id:kimamaniseikatunikki:20191026145111j:plain


市役所試験は、一般的に教養試験、専門試験、適性試験、論文試験・作文試験、人物試験、性格検査などから構成されています。今回は、このうちの教養試験と専門試験についてご紹介していきたいと思います。

教養試験は平成30年度に試験タイプがリニューアルされましたので、その点についてもしっかりとご紹介していきます。

 

市役所の教養試験とは?

教養試験は、基礎能力試験とも呼ばれ、公務員としての基礎的な知識や能力を評価するものです。

①~⑤の5つの選択肢から正解の選択肢を一つ選ぶ択一式です。この選択問題が40~60問出題されます。制限時間は、75~120分です。

この教養試験は、ほとんどの市役所で課されています。

教養試験の問題は、「一般知能」と「一般知識」で構成されています。

「一般知能」

〇数的推理

小学校、中学校の算数、数学の問題です。センターの数学より難易度ははるかに低いです。方程式、不等式、比、割合、速さ、食塩水の濃度、場合の数、確率などの問題が出題されます。

 

〇判断推理

センターの数学とは少し性質の違う問題です。ただし、センターの数学よりも短期間で解くことができる問題です。発言や条件からの推理、論理、暗号、操作手順などの問題が出題されます。

 

〇空間把握

小中学校の図形の問題です。センター数学の図形問題よりも難易度が低いといえます。

 

〇資料解釈

表やグラフからデータを正確に読み取る問題です。使用する計算は、小学校の算数であるため、センター数学よりもはるかに難易度は低いといえます。

 

〇文章理解

現代文と英文から構成されています。問題の内容は、要旨合致、内容合致、空欄補充、文章整序などがあります。

1問1問の出題文の文字数がセンターより少なく、問われる内容もセンターより簡単で、明らかにおかしな選択肢が多いために解きやすい傾向にあります。

慣れてくると、1問3、4分で解くことができます。

 

 

「一般知識」

〇人文科学

日本史

センター日本史よりも簡単であり、マニアックな人物等を聞かれることはありません。

高校日本史の登場人物では、頻出度がかなり高い人物や事件等から出題されます。

難易度としては、中学の日本史と高校の日本史の中間ぐらいでしょうか。

捨て科目としてはあまりお勧めしません。

 

世界史

センター世界史よりも簡単であり、マニアックな人物等を聞かれることはありません。

高校世界史の登場人物では、頻出度がかなり高い人物や事件等から出題されます。

中学の世界史よりは難易度が高く出題範囲も広くなっています。

世界史に関しては、高校世界史の難易度を落としたものと理解していただければ差し支えないでしょう。

 

地理

高校の地理より問われる内容が易しめであり、少し対策をすれば、高校の時に地理を学習していなくともできるようになります。

捨て科目にはお勧めしません。

 

思想

高校の倫理にあたる科目です。高校倫理よりもはるかに難易度が低く、学習範囲も狭いため、お勧め科目です。

捨て科目にしてはもったいないといえます。

 

〇自然科学

数学

高校数学から出題されます。センター数学よりも難易度は低いです。

ただ、地方公務員しか出題されないので学習効率は低めです。

 

物理

高校物理よりも難易度が低く簡単です。計算問題もあまり複雑ではありません。

 

化学

高校化学よりも難易度が低く簡単です。計算問題もあまり複雑ではありません。簡単な化学式が出題される年もあれば、周期表をもとにした問題が出題される年もあります。

無機からもも有機からも出題されるため、中学というよりかは高校の内容です。

 

生物

生物の難易度もセンターと比べて簡単です。

センターの問題よりも浅く問われます。

 

地学

地学の難易度もセンターと比べて簡単です。

センターの問題よりも浅く問われます。

 

〇社会科学

政治

高校でいうところの公民です。

難易度はセンターとあまり変わりません。

 

経済

高校でいうところの公民です。

難易度はセンターとあまり変わりません。

 

法律

高校では学習していない内容です。

大学入試センターでは出題されません。

 

国際

高校では学習していない内容です。

大学入試センターでは出題されません。

 

時事問題

高校では学習していない内容です。

大学入試センターでは出題されません。

 

 

市役所の専門試験とは?

専門試験の問題は、採用区分別に一般事務、電気、土木などに分かれます。

一般的な行政区分についてご紹介します。

一般事務の専門試験の場合、①~⑤の5つの選択肢から正解の選択肢を一つ選ぶ択一式です。この選択問題が30~50問出題されます。

出題形式は自治体ごとで異なり、「従来タイプ」「6分野型」「8分野型」に分かれます。

出題数40問、解答時間は120分の「従来タイプ」

10分野(50問)出題中6分野(30問)選択解答(解答時間90分)の「6分野型」

10分野(50問)出題中8分野(40問)選択解答(解答時間120分)の「8分野型」

 

「従来タイプ」

政治学、行政学、社会政策、国際関係、憲法、行政法、民法、刑法、労働法、ミクロ経済学・マクロ経済学、財政学、経済政策、経済学史、経済史、経済事情から出題されます。

「6分野型」

①憲法、②行政法、③民法、④ミクロ経済学・マクロ経済学、⑤経済政策・経済事情、⑥財政学・金融論、⑦社会政策、⑧政治学・行政学、⑨国際関係、⑩社会学・教育学の10分野から6分野を選択し回答します。

6分野は試験開始後に選ぶため、試験終了までに6分野の組み合わせを変えることもできます。

「8分野型」

①憲法、②行政法、③民法、④ミクロ経済学・マクロ経済学、⑤経済政策・経済事情、⑥財政学・金融論、⑦社会政策、⑧政治学・行政学、⑨国際関係、⑩社会学・教育学の10分野から8分野を選択し回答します。

8分野は試験開始後に選ぶため、試験終了までに6分野の組み合わせを変えることもできます。

 

 

平成30年から試験問題が変わりました!

教養試験の内容をご紹介しましたが、さきほどご紹介したものは、従来型の平成29年までの出題形式です。

B日程市役所やC日程市役所では平成30年度から、B日程やC日程の教養試験で問題がリニューアルされ、タイプが3つに分かれました。

日本人次試験研究センターによると、新たに3つのタイプの試験ができたとのことです。

①Standard(標準タイプ)

従来出題されていた教養試験と最も似ているタイプです。

一般知能20問、一般知識20問の合計40問からなります。5肢択一式です

変更点としては、時事問題が重視され、古文、思想、文芸、国語は出題されなくなりました。

Standard(標準タイプ)は、さらにStandardーⅠとStandardーⅡに分かれます。

StandardーⅠのほうが難易度が高い大卒程度試験で実施されるもので、StandardーⅡは高卒程度試験のものです。

 

②Logical(知能重視タイプ)

一般知能の比重が高く、比較的論理的思考力などの知能を重視する問題が多めです。

そのため、一般知能27問、一般知識13問の合計40問からなります。5肢択一式です。

変更点としては、時事問題が重視され、古文、思想、文芸、国語、そして自然科学が出題されなくなりました。

Logical(知能重視タイプ)は、さらにLogicalーⅠとLogicalーⅡに分かれます。

LogicalーⅠのほうが難易度が高い大卒程度試験で実施されるもので、LogicalーⅡは高卒程度試験のものです。

 

③Light(基礎力タイプ)

Light(基礎力タイプ)は、①Standard(標準タイプ)や②Logical(知能重視タイプ)とは大きく異なります。

まず、Light(基礎力タイプ)は高卒程度試験で実施されます。さらに同じ高卒程度試験のStandardーⅡLogicalーⅡよりも簡単です。

そして、問題構成が違います。

「社会への関心と理解」(24問)、「言語的な能力」(18問)、「論理的な思考力」(18問)の3分野の合計60問からなる四肢択一式です。

解答時間は、75分です。