【公務員試験】9月、公務員試験勉強、開始!


私は9月から独学の勉強を開始しました。
このタイミングが公務員試験の勉強を始める時期として遅かったのかといえば…

1番早い一次試験の日程が国家総合職試験の4月最終週ごろ
それまでの期間残り8ヶ月
第一志望群の試験種が6月でしたので、それまでの期間は残り9、10ヶ月
公務員試験受験者の中では決して早い方ではないですが、遅すぎることもなかったように思います。

私の周りは夏の終わり頃から勉強を開始していたイメージでした。
逆にあまりにも早くから始めてしまうと、記憶を本番まで維持するのが大変、昔やった内容は忘れてしまうと言っていた友人がいました。

毎日少しずつコツコツやるタイプの子は、春頃から開始。
短期集中型の子は、12月開始といった感じ。
超短期集中型の子は3ヶ月勉強して受かってました。

つまり、始める時期に正確はなく、それぞれのタイプ、事情によると思います。

最初に取り掛かった科目
9月は数的処理、憲法

 教材ですが、まずは

数的処理


数的推理


-基礎固め-

畑中敦子の数的推理ザ・ベストプラス【第2版】

畑中敦子の数的推理の大革命!(公務員試験/畑中敦子シリーズ)

数的推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱 改訂第2版 (公務員試験)         



-演習-
公務員試験 過去問 新クイックマスター 数的推理・資料解釈 第7版


出たDATA問 6 一般知能 実践編 2019年度版 国家公務員・地方上級 (東京アカデミー編)


判断推理


-基礎固め-
畑中敦子の判断推理ザ・ベストプラス【第2版】

畑中敦子の判断推理の新兵器!(公務員試験/畑中敦子シリーズ)


-演習-
公務員試験 新スーパー過去問ゼミ5 判断推理(実務教育出版)

公務員試験 過去問 新クイックマスター 判断推理・図形 第7版


出たDATA問 6 一般知能 実践編 2019年度版 国家公務員・地方上級 (東京アカデミー編)


資料解釈


-基礎固め-
畑中敦子の資料解釈ザ・ベストプラス【第2版】



-演習-
公務員試験 過去問 新クイックマスター 数的推理・資料解釈 第7版


出たDATA問 6 一般知能 実践編 2019年度版 国家公務員・地方上級 (東京アカデミー編)

 

 次に

憲法

 

-基礎固め-
憲法The BEST+(エクシア出版)


郷原豊茂の憲法まるごと講義生中継 第3版 (公務員試験 まるごと講義生中継シリーズ)


-演習-
公務員試験 新スーパー過去問ゼミ5 憲法(実務教育出版)


公務員試験 過去問 新クイックマスター 憲法 第7版

 

私の勉強法


9月の時点では
第1章分野の基礎固めの参考書を読む→その分野の過去問演習
第2章分野の基礎固めの参考書を読む→その分野の過去問演習

1日3、4時間週5日程度続けて行きました。
まるまる一周したら、
次は、過去問のみを最初から解く作業を行いました。

憲法は、10月に一周完了。
数的処理は、11月に一周完了。

どの科目にも言えることですが、演習(過去問)に力を入れていました。

『数的処理 』
①数的推理、②判断推理、③資料解釈の3分野分かれています。
①数的推理 
小中高の算数、数学です。
ほとんど過去問演習しかしていませんでした。
過去問を毎日1、2問コツコツと解いていました。
②判断推理
めちゃくちゃ苦手でした。
ほとんど解き方を覚えましたが、本番でも全く解けず、足を引っ張り続けた分野です。
過去問の問題自体をそのまま覚えてしまったため、応用が効かなかった印象です笑
過去問を覚える感覚というより解き方を覚える感覚が大事!
どうにもこうにもできない場合は、あまり時間をかけ過ぎ無い方がいいのかも笑
私はあまり点数が伸びなかった科目です…
③資料解釈
点取り問題です。
時間があれば解けます。

毎日コツコツ1問ずつでも解けば、解答時間は短縮していきます。
落ち着いて解けば1点もらえますから、本番では捨て問にしない方がいいです。


『憲法』
人権、統治の大きく二つの分野に分かれています。


人権は、判例の内容、判決結果、判決の理由の3つを覚えました。
公務員試験の傾向として判決の理由をしっかりと覚えていないと解けない問題が近年増えている感覚です。特に国家系。


統治は、ひたすら暗記です。

数字などもたまにでてきます。私はどちらかと言うと統治の方が苦手でした。若干暗記要素が強いからです。



公務員試験の勉強は、

過去問を使ってインプットした内容をアウトプットする作業を行うことで知識が定着していく作業の繰り返しです

私の公務員試験本番の感覚ですが、
過去問の内容を覚えて、本番でその内容をアウトプットするような作業でした。
過去問で見たことがない、馴染みのない問題は、

本番で解かず次の問題へ移っていました。

つまり何が言いたいかと言うと…
過去問演習が大切だと言うことです。