公務員試験の併願先と結果

f:id:kimamaniseikatunikki:20190308195428j:plain


前回は、私が公務員を目指すに至ったきっかけについて軽く話しました。

www.roshinante.work

今回は、私が受験した公務員試験の受験先とその結果についてお話しします。

ちなみに私が受験した年は、平成30年度の公務員試験です。つまり、平成最後の公務員試験でした。

 

公務員試験の受験先

私の公務員試験の受験先ですが、ざっくり言うと…

国家総合職(旧 国Ⅰ)、国家一般職(旧 国Ⅱ)、国税専門官、裁判所一般職(旧 裁Ⅱ)、県庁、市役所6試験種です。

国家総合職と国家一般職は、採用面接(官庁訪問)が各官庁ごとにありますので、受験をした官庁という数え方をすると、9機関を受験したことになります。(官庁訪問では総務省、厚生労働省、経済産業省、法務省など4省庁受験しました)

それぞれの受験先の詳細ついては今後のお話しさせて頂きます。

私は、正直なところ、9つも受験するつもりはありませんでした。

しかし、第一志望に合格できる見込みはないだろうと踏んでいたので、滑り止めとして受験できる試験種をできるだけ受験したわけです。

民間企業については、公務員の募集が始まる3月から5月の時点で1社も応募していませんでした。

そのため、当時は公務員だったらどこでもいいから受かってくれと思いから、手当たり次第公務員の試験種を応募していました…笑

公務員の面接試験の期間は、大体7月から9月までが一般的です。

そのため、9つの官庁の受験は多忙でしたが、今となってはまだまだ様々な試験種を受けることができたなと思います。

最初にご紹介した私の受験先である6つの試験種は、筆記試験も面接試験も各試験種ごとに1週間以上の間隔が空いていました。

つまり、一つの試験が終わってからの準備期間1週間というスケジュール感ですが、この期間をどう捉えるかです。

国家総合職、国家一般職は、筆記による一次試験、人事院による二次面接、各官庁ごとに官庁訪問(採用面接)があります。

この官庁訪問の機関は、それぞれの省庁が3〜4日の間で同時に行うため、多数の省庁を受験する人は特に多忙になります。

1日で様々な官庁を行ったり来たりする状態になるわけです。

私もこの官庁訪問の期間が最も忙しいかったです…。

国家総合職または国家一般職の志望度が高い人は、官庁を多数訪問してそれぞれの官庁で面接を何度もするため、忙しそうな印象でした。

私の感覚にはなりますが、国家一般職で官庁訪問をする官庁の数は、


国家一般職の志望度が高く、
併願先が少ない
→4〜6つ


国家一般職の志望度が高く、
併願先が他に2つ以上
→3〜4つ


国家一般職の志望度が低く、
併願先が少ない
→3〜4つ


国家一般職の志望度が低く
併願先が他に2つ以上
→1〜2つ


大体このような数を目安に官庁訪問の受験数を決めていました。※あくまで私の主観ですので参考程度に笑

ちなみに国家総合職は2次面接を辞退したため、官庁訪問を行なっていません。

正直、受験できるのであれば、できる限り複数の機関を受験すると良いでしょう。

官庁訪問についての詳細は以下の記事でご紹介しています。

www.roshinante.work

続いて私の公務員試験の受験結果についてお話しします。

 

 

公務員試験の結果

 ここからは、私が受験した公務員試験の結果をご紹介します。

冒頭でも少し触れましたが、私が受験した年は、平成30年度の公務員試験であり、平成最後の公務員試験です。

 

国家総合職(旧 国Ⅰ)
→2次試験辞退


国家一般職(旧 国Ⅱ)
→最終合格
→内々定       合格順位:上位2割以内


国税専門官
→最終合格
→内々定   合格順位:上位1割以内


裁判所一般職(旧 裁Ⅱ)
→最終合格
→内々定   合格順位:上位10番台


県庁                                     
→最終合格

→内々定   合格順位:上位10番台


中核市役所
→最終面接辞退


といった感じです。

お気づきかもしれませんが、実は公務員試験って

試験種によっては最終合格=内々定ではないんです…

恥ずかしながら、私は公務員試験の勉強を始めてそこそこ経ってから知りました。

例えば…

国家公務員(国家総合職、国家一般職、裁判所、国税専門官)。

これらの試験種はそれぞれの官庁から採用面接または電話で内々定通知をもらって初めて内々定…。

つまり、公務員試験は最終合格もらっても喜べないケースがあるのです。

ただし、県庁や市役所といった地方公務員は最終合格=内々定という自治体が大半です。

 公務員試験でいうところの最終合格は、

大体1次試験(筆記と論述)の点数+2次試験(面接や集団討論)の点数の合計点によって決まります。
しかし…どの段階で内々定通知が出るかは試験種によって判断基準が違います。

以下でその判断基準をざっくりと説明していきますが、詳細はまた今後の投稿でご紹介させていただきます。

 

 

試験種ごとの傾向

国家総合職、国家一般職

→最終合格後の官庁訪問(採用面接)の結果で内々定が決まります。

採用は人物重視。


国税専門官

→最終合格後の採用面接の結果で内々定が決まります。

採用は人物重視。

 
裁判所一般職

最終合格の順位で決まります。高順位から内々定通知の電話がかかってきます。

※裁判所は最終合格を決める点数の内、面接試験の点数割合が高い

採用は人物重視。

 

都道府県及び市町村

→一般的に最終合格=内々定です。

※自治体ごとで採用方法が異なるため、一概に最終合格=内々定とは言えない可能性があります。

 

以上から、公務員試験は、筆記試験の点数が良かったとしても、その点数は採用面接や最終合格にはあまり反映されず、内々定がもらえない可能性がある人物重視の試験といえます。

これは県庁や市役所といった地方公務員でも同じようなことが言えます。

むしろ、地方公務員の方が人物試験の比率が高い傾向があり、より面接試験での結果が採用されるか否かに影響してくるといえるでしょう。

近年の公務員試験は、人物試験の配点比率が全体の配点の中でも高いため、筆記試験がよかったとしても面接試験で点数が伸びず、落ちてしまうケースがあります。

勉強を頑張れば必ずしも公務員になれる訳ではありません…。

私自身面接が苦手であり、筆記重視の公務員なら受かりやすいのではないかと公務員試験を安直に考えていた時期がありました。

こうしたことから、面接を制する者は公務員試験を制すると言っても過言ではありません。

この点、いわゆる筆記重視の資格試験とは違う印象です。

正直、私は面接に対する苦手意識が人一倍強かったように感じます。

しかし、心配することはありません。

公務員試験は面接重視と言っていますが、面接嫌いでコミュ力がない私でも対策をしたことで合格することができました。

これからの投稿では、筆記試験の対策方法はもちろん、私が面接で心がけたことなどを始めとした、面接試験対策も多数ご紹介していきます。

少しでも皆さんの参考になれば幸いです。